専門コースについて

1.英検

英検「実用英語技能検定」は、日本で最も広く使われている英語試験です。

高校や大学も、学生を選ぶ際に英検を高く評価しています 。高得点の学生が入学英語テストを受ける必要がない、といった優遇措置もあるなど、 毎年、世界中で200万人以上が英検を受験しています。

This image has an empty alt attribute; its file name is My-Bilingual-Kids-Are-Formally-Tested-1.jpg

日本英語検定協会ウェブサイト



2. IELTS コース

欧米の学生に必須のテストである国際英語試験システム(国際英語試験システム)は、ケンブリッジ大学の英語試験研究所によって設計されており、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングを評価します。英語圏諸国への移民、労働者、留学生への4つの包括的な英語コミュニケーションスキルとして、世界中で広く受け入れられている英語テストであるTOEFLと同様です。 現在、毎年140以上の国と地域で350万人以上がIELTSテストを受けています。 IELTSは、受講者数が最も多く、グローバルな英語評価のリーダーである国際英語テストになりました。 このコースに参加するには、アメリカの権威あるバロンズの教本を購入し、優秀な教師と協力して高得点を獲得するように学習する事が大切です。


3. TOEFL iBT

TOEFLは世界中で高く評価されている言語テストであり、テストを希望する理由は様々です。 いずれの場合も、高得点を取得したい場合は、TOEFLの対策学習が不可欠です。 事前にしっかりとテストの準備をすることで、試験問題の構成や質問の種類に慣れることができるため、本番の受験時にはリラックスして臨むことが出来るはずです。


4. ケンブリッジ国際英国検査YLE /メインスイート

ケンブリッジ国際英語認定は、ケンブリッジアセスメントイングリッシュがすべてのレベルの英語学習者のために開発した段階的なテストです。テストの質問の難易度に応じて、A2キー、B1予備、B2ファースト、C1アドバンスに分けられます。C2習熟度5レベル、英語を話さない国からの候補者のリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの英語能力を包括的に評価することを目的とした、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4つの完全な評価を含みます。テストコンテンツは、学術および様々な業界テーマや、国際市場のニーズを参照した設計評価コンテンツをカバーしています。テストは世界中で人気があり、多くの国の学校や機関で広く使用されています。英語学習の有効性の自己評価と英語学習の奨励に加えて、結果は、留学申請や従業員の英語能力を評価するための基準としても使用されています。

センターでは、A2 キー / B1 予備 / B2 ファーストの3つのレベルを扱います。テスト項目とレベルは、A2 キー / B1 予備 / B2 ファーストと同じです。テスト内容は、日常生活の状況をカバーし、学生に焦点を当てています。高校以下の学生が試験に申し込むのに適しています。

This image has an empty alt attribute; its file name is 1231421-1024x693.png
https://www.cambridgeenglish.org/jp/

5. Trinity Graded Examinations in Spoken English (GESE)

Trinity Spoken English Testは、会話とリスニングのスキルに関する一流の国際的に認められた一連のテストです。 学生は英国の試験官と1対1で会話し、英語力のテストを受けます。 試験合格者は、受験の6〜8週間後にロンドンから発行された証明書を受け取ります。

Purchase the books here.

This image has an empty alt attribute; its file name is 41RdQAZ7pcL-1.jpg